近江鉄道の電気機関車

近江鉄道の電気機関車は、昭和23年(1948)10月に彦根駅構内の入換え用として西武鉄道のEDIを借用したのが最初で、工場入換え用や蒸気機関車の廃車代替、さらに砂利・セメント原料の輸送の増大に伴い、国鉄の廃車機等を譲り受けて順次増備し、戦前から貨物列車を引いていた電動貨車にとってかわり電気機関車が走り出した。
当社の主な貨物輸送は、野沢セメント(現在:住友セメント)の原石輸送(昭和35年11月10日営業開始)、日本石油のタンカー輸送(昭和38年11月28日営業開始)、キリンビールのビール輸送(昭和49年6月1日営業開始)および東洋カーボンの原材料輸送(昭和46年11月1日営業開始)等があり、電気機関車はこれらの貨物列車をけん引に活躍していた。
ところが、貨物や荷物の輸送にトラックが進出し、さらには国鉄の貨物輸送の再編成等により、当社の貨物輸送も鳥居本・彦根間の日本石油のタンカー輸送を最後に昭和63年3月12日をもって廃止を余儀なくされた。
現在、当社は11両の電気機関車を保有し、彦根車庫に集められ全くの休車状態のまま留置されているが、当社の電気機関車、とくにED14形式は、マニアの間では全国的に有名で、その雄姿をカメラに収めようとするカメラマンが跡を絶たない。
また、現在保存が約束されていない車両の中では、専門家のなかで国鉄東海道線電化の当初に使われた一形式の電気機関車が全機揃っていることから、保存の要望が最も強い車両でもある。

各車両の紹介

ED141~144

ED141~144

ED14形は、国鉄(JR)が東海道線電化開業時に輸入された大正15年(1926)米国ゼネラル・エレクトリック社製の60t箱型デッキ付電気機関車で、当初は1060形と呼ばれた。

ED311~315

ED311~315

ED31形は、大正12年(1923)芝浦製作所・石川島造船所製の40t凸型機で、元伊那電気鉄道(JR飯田線)デキ1~5で、同社が国鉄に買収されて昭和27年(1952)にED31形と改称された国産初期の古典機である。

ED4001

ED4001

ED4000形は、昭和5年(1930)英国イングリッシュ・エレクトリック社製の50t箱形デッキ付機関車で、東武鉄道EL第1号であった。

ロコ1101

ロコ1101

ロコ1101形は、昭和5年(1930)東洋電気・日本車輌製の30t凸型機で、元阪和電気鉄道(JR阪和線)ロコ1101である。

お問い合わせ先

近江鉄道株式会社 鉄道部運輸課

TEL:0749-22-3303
FAX:0749-24-1560
受付時間 平日8:30~17:30

その他のお知らせ