琵琶湖の観光案内

多景島

島を眺める方向によって多様な景色を見せることでこの島名をもつ多景島は、弥生時代から島そのものを御神体として、古くから人々に崇められてきました。多景島は、彦根彦根市街地の沖合い約6.5kmに浮かぶ周囲約600mの小さな島で、島全体が日蓮宗見塔寺の境内となっています。もともとこの島は、島全体が花崗岩でできていますが、江戸時代に彦根の荒神山から土を運んで木々を植えられました。それまでは、竹で覆われていたため竹島と呼ばれていたそうです。

※定期船以外で入島する場合、入島料が必要です。

霊夢山見塔寺

霊夢山見塔寺

明暦元年(1655年)に、琵琶湖に沈んだ人々と魚介類の供養の為に慈雲院日靖上人が開山した日蓮宗のお寺です。日靖上人は、越前の国大野の出身で、長浜の妙法寺で修行中の明暦元年、夢のお告げでこの島に渡り、石の宝塔と庵室を建立されたそうです。第三代彦根藩主の井伊直澄は、法華経の信仰が篤く、彦根藩裏鬼門の祈願所としました。

題目岩

題目岩

この岩は、高さ約6間(10.8m)、幅約4間(7.2m)あり、「南無妙法蓮華経」の文字が彫られています。元禄5年(1692年)に、命綱にぶら下がりながら三年の歳月をかけて日靖上人によって刻まれました。 題字は京都妙顕寺・勝光院日曜上人の筆で、一文字に米一俵が入ると言われています。また、桜田門外の変での井伊大老横死の際に、鮮血をにじませたとも伝えられています。

誓いの御柱

誓いの御柱

大正13年(1924年)に建立され、島の一番高いところににあります。五角形の柱の五面それぞれに明治天皇の五箇条の御誓文が刻まれています。当時、滋賀県の警察部長だった水上七郎氏の呼びかけで、約70余万人から寄付を受け、紛争などが絶えない時代を匤正すべく日本の中心地であるこの島に建立されました。皇室からも下賜金を賜ったそうです。

日蓮上人像

日蓮上人像

若き日の日蓮上人の姿で、高さは6尺(約180cm)です。

釈迦断食行像

釈迦断食行像

日本に一体しかない出山釈迦牟尼佛の座像が祀られています。

石造七重層塔

石造七重層塔

石造七重層塔は、第三代彦根藩主の井伊直澄が、父・直孝に恩義を感じ、供養の為に、この石造七重層塔(高さ8m)を建てたといわれています。

お問い合わせ先

オーミマリン 彦根港

〒522-0002
滋賀県彦根市松原町3755
TEL:0749-22-0619
FAX:0749-24-7999
受付時間 9:00~17:00

国宝彦根城・びわ湖竹生島クルーズ 1dayパス

国宝彦根城とびわ湖竹生島クルーズがお得なセットになりました!

敦賀『水島』のご案内 【2017年7月~8月】

透明な海水と白砂が魅力の海水浴場