運航のご案内

竹生島めぐり

竹生島は島自体が巨大な一枚の岩(花崗岩)でできた超強力なパワースポットです。古くから「神の島」と崇められ、信仰が厚く、中世以来、西国三十三所観音霊場として多くの参詣客でにぎわってきました。「深緑竹生島の沈影」として琵琶湖八景の一つにも数えられています。

竹生島は島自体が巨大な一枚の岩(花崗岩)でできた超強力なパワースポットです。古くから「神の島」と崇められ、信仰が厚く、中世以来、西国三十三所観音霊場として多くの参詣客でにぎわってきました。「深緑竹生島の沈影」として琵琶湖八景の一つにも数えられています。

★12月6日(日)まで通常運航★

【毎日】竹生島航路4便
彦根港9:30発・11:00発・12:30発・14:00発

※2020年12月7日~2021年2月28日の間は「冬季運航ダイヤ」となります。
2016年4月、文化庁認定の日本遺産「琵琶湖とその水辺環境-祈りと暮らしの水遺産」を構成する文化財の1つとして追加認定されました!

国宝「唐門」★2020年春修復事業完了★

秀吉を祀った京都東山の豊国廟の正門・極楽門を豊臣秀頼の命により片桐且元を普請奉行として移築されたと言われ、豪華絢爛と言われた桃山様式を色濃く残す、貴重な遺構です。最近の調査で、豊臣秀吉が建てた幻の大阪城の極楽橋であると言われ、この度色彩調査を行い、その彩色を復元いたしました。

西国札所第三十番 宝厳寺

「宝厳寺(ほうごんじ)」は天照大神のお告げににより、神亀元年(724年)聖武天皇が行基を勅使として遣わし、創設させたのが始まりとされます。165段の石段を登りきると宝厳寺本堂がお目見えします。本堂は重要文化財に指定され、本尊の大弁才天は江の島・宮島と並ぶ「日本三弁才天」のひとつでその中で最も古くに建立された弁才天のため、当山のみ「大」の字をつけ、大弁才天と称します。

舟廊下(重要文化財)

重要文化財である宝厳寺渡廊は、唐門などと同様に慶長8年(1603)の建立であると考えられています。宝厳寺観音堂から都久夫須磨神社に至る幅一間の廊下で、桁行八間の低屋根と桁行二間の高屋根に分かれています。天井は垂木を見せる勾配型の化粧屋根裏で、柱間に連小窓を配します。豊臣秀吉が朝鮮出兵に使用した御座船日本丸の船櫓の材料を用いて建てたと言う伝承から「舟廊下」と呼ばれています。

都久夫須磨神社(竹生島神社)

今から450年前、豊臣秀吉が天皇をお迎えするにあたり、伏見城の束力使殿を神殿として寄進したもので、本殿は「国宝」となっています。内部は桃山時代を代表する、優雅できらびやかな装飾が施され、天井画は狩野永徳光信の作と伝えられています。

竜神拝所

都久夫須磨神社の拝殿にはびわ湖に突き出した所に竜神拝所があります。竹生島の中で一番の絶景で、ここでは素焼きの小皿に願い事を書き、湖面に突き出た鳥居に向かって投げ、鳥居をくぐれば願い事が成就すると言われる「かわらけ投げ」をお楽しみいただけます。

竹生島航路

お問い合わせ先

オーミマリン 彦根港支店

〒522-0002
滋賀県彦根市松原町3755
TEL:0749-22-0619
FAX:0749-24-7999
営業時間 9:00~17:00

オーミマリンのおすすめ情報