国宝彦根城とびわ湖竹生島クルーズがお得なセットになりました!

国宝彦根城・びわ湖竹生島クルーズ 1dayパス

       国宝彦根城観覧料と彦根港⇔びわ湖竹生島   クルーズの往復乗船料がセットになった    お得な1dayパスです。   この機会にぜひお越しください!

 
 
 
 国宝彦根城観覧料と彦根港⇔びわ湖竹生島

 クルーズの往復乗船料がセットになった
 
 お得な1dayパスです。

 この機会にぜひお越しください!

発売期間は終了しました。

彦根城

江戸時代に近江国(現在の滋賀県)彦根藩を治めた
井伊家は、幕末の大老・井伊直弼を輩出するなど
徳川幕府における譜代大名の中でも筆頭格と
されていました。

その井伊家の居城であった彦根城は、井伊直継・
直孝の2代にわたり約20年の歳月をかけて
築城されました。

月明かりに浮かぶ姿は『月明・彦根の古城』として
琵琶湖八景の一つにも選定されています。

明治の廃城令や戦火を免れており、国宝に指定
された天守が現存する5城の一つです。
(他は松本城・犬山城・姫路城・松江城)

江戸時代に近江国(現在の滋賀県)彦根藩を治めた 井伊家は、幕末の大老・井伊直弼を輩出するなど 徳川幕府における譜代大名の中でも筆頭格と されていました。  その井伊家の居城であった彦根城は、井伊直継・ 直孝の2代にわたり約20年の歳月をかけて 築城されました。  月明かりに浮かぶ姿は『月明・彦根の古城』として 琵琶湖八景の一つにも選定されています。  明治の廃城令や戦火を免れており、国宝に指定 された天守が現存する5城の一つです。 (他は松本城・犬山城・姫路城・松江城)

竹生島

彦根市の沖合約6kmに浮かぶ周囲2kmほどの 小島で、島の名前は『神の斎く(いつく)島』に 由来しています。  中世以来、西国三十三所観音霊場の第三十番札所 『宝厳寺(ほうごんじ)』への多くの参拝客で 賑わってきました。  『深緑・竹生島の沈影』として琵琶湖八景の一つに 選定されています。  島内には日本三大弁財天の一つである 『都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)』が あります。(他は江ノ島神社・厳島神社)

彦根市の沖合約6kmに浮かぶ周囲2kmほどの
小島で、島の名前は『神の斎く(いつく)島』に
由来しています。

中世以来、西国三十三所観音霊場の第三十番札所
『宝厳寺(ほうごんじ)』への多くの参拝客で
賑わってきました。

『深緑・竹生島の沈影』として琵琶湖八景の一つに
選定されています。

島内には日本三大弁財天の一つである
『都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)』が
あります。(他は江ノ島神社・厳島神社)

発売概要 ×発売期間終了×

発売期間は終了しました。
発売期間 3月1日(木)~12月2日(日)
 ※発売当日に限り有効です
発売料金 おとな1名さま 3,300円
 
 彦根城・玄宮園の観覧料(通常800円)
        +
 びわ湖竹生島クルーズ(通常3,000円)
        の
 通常3,800円 が500円おトク!
発売場所 彦根駅前観光案内所(彦根駅西口)
オーミマリン彦根港
彦根城観覧時間 8:30~17:00
玄宮園観覧時間 8:30~17:00
竹生島ゆき観光船 彦根港から1日4便運航
    9:30
   11:00
   12:30
   14:00
★所要2時間30分★
(4月1日~20日は9:30・12:30のみ)
彦根城および玄宮園の観覧時間は、変更になる場合があります。
彦根観光協会様のホームページ等でお出かけの前に必ずご確認ください。
天候その他の事情により観光船の運航を取り止める(欠航)場合があります。
オーミマリンのホームページ等でお出かけの前に必ずご確認ください。
竹生島では、中学生以上400円・小学生300円の拝観料が別途必要になります。

お問い合わせ・ご予約

発売期間は終了しました。

 オーミマリン彦根港支店 電話 0749-22-0619 【受付】9:00~17:00

その他の航路

お問い合わせ先

オーミマリン 彦根港

〒522-0002
滋賀県彦根市松原町3755
TEL:0749-22-0619
FAX:0749-24-7999
受付時間 9:00~17:00

オーミマリンのおすすめ情報

竹生島 初日の出クルーズ ~オーミマリン~

2019年の初日の出はびわ湖の上から!

竹生島めぐり

運航のご案内

竹生島(ちくぶしま)は、深緑の景観をもつとして琵琶湖八景のひとつに数えられています。古くから「神の島」として祟られ、人々に厚く信仰されてきました。

多景島めぐり

運航のご案内

多景島は、島を眺める方向により多様な島影をみせるところから島名が付けられたと言われており、古く弥生時代から島そのものが御神体として崇められてきました。