BIWAKO BIENNALE 2018

「BIWAKO BIENNALE 2018」の展示会場に!

「BIWAKO BIENNALE 2018」の展示会場に!

八幡山ロープウェー山頂の展望館と村雲瑞龍寺が、NPO法人「エナジーフィールド」主催の世界的な芸術作品展示会「BIWAKO BIENNALE 2018」の展示会場の1つになります!

山頂展示会場へお越しの際は会場パスポート添付の割引券を利用していただくと、ロープウェー往復料金が2割引になります♪
・通常料金:おとな…880円
      こども…440円
・割引料金:おとな…710円
      こども…360円

※注意
・他の割引券との併用は出来ません。
・片道乗車券は対象外になります。

・「BIWAKO BIENNALE 2018」開催期間
 2018年9月15日(土)
     ~11月11日(日)
・時間
 10:00~17:00

●○「BIWAKOビエンナーレ」とは○●
近江商人発祥の地として発展してきた近江八幡旧市街は「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されていますが、近年の荒廃、近代建築や駐車場への変化が進んでいる現状を打開するべく、残された貴重な建物の保存と活用を試みています。長年放置されていた建物を地元住民や日本全国から集まる有志たちの手で清掃することから始め、国内外から集まるアーティストたちが各々の空間を作品化し、訪れる人もなく忘れ去られていた建物を蘇らせる活動を行っています。