「続日本100名城」と「御朱印」

八幡山城は「続日本100名城」に選定されています!

「続日本100名城」とは、公益財団法人日本城郭協会が平成18年に発表した「日本100名城」と同じ基準で新たに選ばれた、日本を代表する文化遺産であり地域の歴史的シンボルでもある城郭、城跡です。

八幡山城は、1585年(天正13年)、豊臣秀次によって築城されました。標高271.9mの八幡山最頂部に本丸をもうけ、 二の丸、西の丸、出丸が配置された一大要塞であったと推測されます。現在は石垣を残すのみですが、本丸跡には、瑞龍寺が建っています。

本丸跡に建つ瑞龍寺

本丸跡に建つ瑞龍寺

村雲御所瑞龍寺

村雲御所瑞龍寺
内 容 村雲御所瑞龍寺は1596年(文禄5年)、豊臣秀次の生母(秀吉の姉)日秀尼公により、秀次の菩提を弔うため、 後陽成天皇から瑞龍寺の寺号と京都村雲の地に賜り創建され、1961年(昭和36年)に京都より この八幡山へ主要建物が移築されました。日蓮宗唯一の門跡寺院です。

「瑞龍寺」「八幡城」の御朱印がございます!

内容 瑞龍寺では「瑞龍寺」と「八幡城」の御朱印を各1枚300円(税込)で販売しております。

瑞龍寺にご参拝のさいは、八幡山ロープウェーをぜひご利用ください。
また、近江八幡には「八幡山城」の他にも、「観音寺城」と「安土城」が100名城として選ばれているので、そちらも巡られてはいかがでしょうか♪

お問い合わせ先

八幡山ロープウェー

〒523-0828
滋賀県近江八幡市宮内町
TEL:0748-32-0303
受付時間 9:00~17:00