企業情報

環境への取り組み

グリーン経営認証

平成19年11月20日付で、近江鉄道(大津、あやめ)、湖国バス(長浜、彦根、八日市)5営業所すべてが 「グリーン経営認証」を取得いたしました。
近江鉄道・湖国バスでは環境に配慮するバス事業者として、グリーン経営を積極的に推進し、環境保全活動に取り組むとともに、安全で快適な輸送サービスの提供に努めております。

エコ通勤優良事業所認証

2016年4月、近江鉄道本社で「エコ通勤優良事業所」の認証を取得しました。
エコ通勤に関して高い意識を持ち、環境負荷の少ない電車やバス、自転車、徒歩などで通勤するように努めています。

エコドライブ

当社では平成10年11月、近江鉄道エコロジー推進委員会を設立、環境にやさしい取り組みを進めておりますが、平成11年4月より独自の取り組みとして、バスのエコドライブ推進運動を実施して参りました。
今後も環境にやさしい企業を目指し、努力してまいります。

エコステーション「河辺の森駅」

河辺の森駅は環境に優しいエコステーションとして平成16年3月に東近江市のご協力で開駅いたしました。
駅舎は平屋で、広さ40平方メートルほど。屋根には太陽光発電システムを設置、駅前整備にはリサイクル材を使用するなど、環境に配慮した施設です。
駅前には市民参加による手づくりのビオトープが整備されています。

パークアンドライド

近江鉄道では環境への配慮のため「公共交通機関の利用」をすすめています。
パークアンドライドとは最寄りの駅や停留所まで自家用車で行き、そこから鉄道やバスに乗り継ぐ移動方式です。交通渋滞の緩和や環境汚染を防ぐ方法として、近年注目を集めています。