企業情報

沿革

当社は、明治26年地元有志により会社設立願いならびに鉄道敷設申請が提出され、明治29年6月16日その免許を受け、明治31年に彦根~愛知川間(12.1km)を開業して以来、 営業キロの伸張、電化を進め、昭和19年に八日市鉄道株式会社を合併して、 現在の営業路線の基礎を築き、あわせてバス・タクシー・観光・不動産業等にも進出して 事業の拡大を図り現在に至っております。

明治29年6月 近江鉄道株式会社 設立
明治31年6月 彦根~愛知川間 営業開始(12.1km)
明治31年7月 愛知川~八日市間 営業開始(7.4km)
明治33年10月 八日市~日野間 営業開始(12.5km)
明治33年12月 日野~貴生川間 営業開始(9.9km)
大正 3年3月 高宮~多賀間 営業開始(2.5km)
大正14年3月 彦根~多賀間 電化完成
昭和3年4月 高宮~貴生川間(37.8km) 電化完成
昭和5年10月 一般乗合旅客自動車運送事業(定期バス)免許
昭和6年3月 彦根~米原間 営業開始(5.8km)
昭和18年5月 箱根土地株式会社(現:株式会社プリンスホテル)の経営傘下となり、西武グループの一員となる
昭和19年3月 八日市鉄道株式会社を合併
新八日市~近江八幡間(8.7km) 営業開始
昭和19年12月 タクシー事業 営業開始
昭和21年1月 新八日市~近江八幡間(8.7km) 電化完成
昭和21年8月 八日市~新八日市間(0.6km) 営業開始
昭和25年4月 一般貸切旅客自動車運送事業(観光バス)滋賀県内免許
昭和33年5月 船舶事業 営業開始
昭和37年11月 八幡山ロープウェー 営業開始
昭和39年11月 不動産事業(宅地分譲) 営業開始
昭和47年9月 観光・開発・不動産事業部門を近江開発株式会社に営業譲渡
昭和48年6月 乗合旅客自動車、貸切旅客自動車部門を近江バス株式会社に営業譲渡
昭和50年6月 ハイヤー部門を長浜近江タクシー株式会社他、5社に営業譲渡
昭和58年4月 近江観光株式会社を合併
昭和61年4月 近江バス株式会社を合併
昭和61年11月 レストラン賤ヶ岳(現:賤ヶ岳サービスエリア)竣工 営業開始
昭和62年5月 鉄道・全線ワンマン運転開始
昭和62年12月 湖国バス株式会社 営業開始
平成9年10月 石山駅前近江鉄道ビル竣工 営業開始
平成10年6月 近江鉄道 開業100周年
平成15年3月 バスICカードシステムを立命館路線に導入
平成15年6月 クレッセ彦根(現:フレスポ彦根) 営業開始
平成16年3月 河辺の森駅 開業
平成18年3月 フジテック前駅 開業
平成18年4月 近江鉄道ゆうグループ立上げ 公園管理業務開始
平成19年3月 彦根駅構内に近江鉄道ミュージアム開館(平成30年12月閉館)
平成20年2月 新名神高速道路土山サービスエリア 営業開始
平成20年3月 スクリーン駅 開業
平成20年3月 近江タクシーサービス株式会社、近江鉄道ライフサービス株式会社、株式会社真野自動車教習所を合併
平成20年10月 大阪近江鉄道タクシー株式会社と新近江鉄道タクシー株式会社が合併
平成21年1月 近江タクシー県内6社が合併し、近江タクシー株式会社に統合
平成21年4月 近江トラベル株式会社と株式会社オーミマリンが合併
平成21年4月 ひこね芹川駅 開業
平成22年3月 近江鉄道株式会社本社を彦根駅東口(現:彦根市駅東町)に移転
平成22年10月 近江鉄道彦根西ビル 竣工
平成23年7月 駅前保育園ほほえみ園 開園
平成25年4月 草津市立水生植物公園みずの森 管理業務開始
平成25年9月 復刻バスカラーの乗合バス 運行開始
平成25年12月 近江鉄道八日市線(近江八幡~新八日市) 開業100周年
平成25年12月 大津駅前テナントビル「COCOLAS大津」 オープン
平成26年3月 近江鉄道多賀線(高宮~多賀大社前) 開業100周年
平成26年3月 近江鉄道マスコットキャラクター 駅長「がちゃこん」誕生
平成26年3月 太陽光発電所「SOLAR ECO-VILLAGEあどがわ」 開村
平成26年7月 近江八幡駅前「エミール近江八幡壱番館」 竣工
平成28年4月 連節バス(JR南草津駅~立命館BKC間) 運行開始
平成28年6月 近江鉄道株式会社 創立120周年
復刻色鉄道車両「赤電」 運行開始
平成29年8月 守山駅前近江鉄道ビル「cocotto MORIYAMA」 オープン
平成30年6月 近江鉄道 開業120周年